用意しておくと便利な持ち物

台湾の紫外線には特別な対策が必要

台湾の紫外線照射量は日本の2〜4倍!?



台湾といえば沖縄よりも南、赤道に近い国です。
日本よりも暖かい、暑いのは当たり前といえば当たり前なんですが、
ビックリするのが、紫外線の強さ、照射量です。

 

どのくらいの強さかというと、紫外線照射量は、日本の2〜4倍
時期によっては5倍ほどになることもあるそうです。

 

日中や夏のの紫外線強度が高いのは当然ですが、
日本ではほとんどないくらいの低レベルの真冬でも、春くらいの紫外線強度があります。

 

UVインデックスのランクでいうと、冬でも「中程度」くらいです。
夏になれば、日中の外出は控えた方がよいとされる、「非常に強い」レベルにもなります。

 

そこで必須アイテムとして登場するのが日焼け止めです。

 

紫外線が弱い時期、例えば真冬などの観光なら普通のPA++からPA+++でもいいのですが、
夏の紫外線対策としては不十分と思います。
(真夏の沖縄のジリジリ感よりも、台湾はもっと強い。)

 

ですので、後々シミにならないようにするためにも、きちんとした紫外線対策をしましょう。
無視できないですよ、紫外線量・・・。

 

紫外線対策なら、例えばこちらのような強力にUVカットできるアイテムがオススメです。
最高レベルのPA++++(フォープラス)商品です。

 

出来れば、サングラスや帽子も用意した方がよいでしょう。
もちろん、UVカットができるものがオススメです。

 

それから、日傘を使うことに抵抗がないなら、UVカットできる日傘も用意したいところです。
台湾は雨の日も多いので、日傘と雨傘兼用傘でUVカットするのもいいかもしれませんね。
こちらの折りたたみ傘はかわいくてお手頃価格。
送料無料なのもうれしいところです。

 


台湾の紫外線には特別な対策が必要関連記事

台湾の気温と服装:調節用の1枚を準備しよう
台湾の気温は東京と比較すると、夏はほぼ同じくらいの気温ですが、その他の季節ではおおよそ10℃くらい高めです。服装でちょっと気をつけておきたいことをまとめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ