デジカメや携帯電話の充電方法

台湾のホテルでデジカメや携帯電話のバッテリーを充電するには?

事前に充電器の電圧や周波数、コンセント・プラグ形状を調べておこう!



台湾の観光ホテルやビジネスホテルでは、デジカメ・携帯電話のバッテリー充電器や
ノートパソコンなどの家電品をそのまま使うことができるでしょうか。

 

せっかく旅行に持っていったのに壊してしまってはもったいないので、
事前に充電器の電圧や周波数、コンセント・プラグ形状を調べておくのをおすすめします。

 

台湾の電圧とコンセント・プラグ形状のページでも説明していますが、
日本と台湾では若干違います。

  • 日本 : 100V(50または60Hz),Aタイプ
  • 台湾 : 110V(60Hz),Aタイプ(まれにCタイプ、Oタイプ)

     台湾,デジカメ,携帯電話,バッテリー,充電

 

台湾のホテルのコンセント・プラグ形状は?

ほとんどの台湾のホテルでは、コンセント・プラグの形状は、
日本と同じAタイプですので、プラグ変換器などは必要ありません。

 

心配な場合は、事前に宿泊先のホテルのコンセント形状を調べておくとよいでしょう。

 

電圧と周波数については注意要!?

ですが、電圧と周波数については若干注意する必要があります。

 

デジカメや携帯電話のバッテリー充電器、ノートパソコンなどの電源プラグや本体には
使用可能な電圧や周波数が表示されていますので確認してみましょう。

 

例えば、入力:AC100-240V 50/60Hz とあれば、台湾でも変圧器や変換プラグなどは必要なく、
そのまま台湾でも使用可能です。
ただし、100Vあるいは50Hz専用品の場合は壊れてしまう可能性がありますので注意要です。

 

50Hz専用品の充電器や家電品の場合は、台湾で使わないほうがいいですが、
60Hzで使える100V専用品なら、変圧器(トランス)を使って
110Vを100Vに変換してあげれば問題なく使用できます。

 

ただ、変圧器を選ぶ際には、使用する電力量(W数、ワット数)にも気をつけましょう。
変圧器の商品説明ページの選び方を参考にするといいですよ。
こちらの変圧器(トランス)の説明ページは詳しく書かれています。

また、これからも他の外国へ海外旅行する予定があるのなら、
上で紹介した変圧器よりもいろいろなプラグ形状に対応できる
こちらのような変圧器を用意しておくのもよいでしょう。
(レビュー記載で、いろいろなプラグ形状に対応できるプラグセットがもらえるキャンペーン中です。)


デジカメ・携帯電話の充電関連記事

電圧とコンセント・プラグ形状
台湾のコンセント(プラグ)の形状、電源電圧や周波数は日本と同じでしょうか?日本の家電品を台湾でそのまま使うことができるでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ