台湾で日本の家電品は使える?

台湾の電圧とコンセント・プラグ形状

電圧やコンセントの形状は日本と同じ!?



台湾の電圧・,周波数,コンセントの形状は、日本とほぼ同じです。
台湾,コンセント,電圧,プラグ
比較してみると、

  • 日本 : 100V(50または60Hz),Aタイプ
  • 台湾 : 110V(60Hz),Aタイプ
              (まれにCタイプ、Oタイプ)

となっており、形状は右図のとおりですが、
日本と台湾ではよく似ていることが分かります。

 

コンセントのAタイプというのは、日本で使っているプラグのように、
平たい金属2本をコンセントに差し込むタイプのものです。

 

台湾のコンセント・プラグの形状はAタイプがほとんどなのですが、まれにCタイプ、Oタイプがあります。

台湾で日本の家電品は使える?

日本の家電品が海外でそのまま使えるかどうかは、
電源の電圧と周波数、コンセント・プラグの形状によります。

 

コンセントの形状は日本と台湾のほとんどが、上図のようなAタイプですので問題ありませんが、
電圧と周波数は若干違うので注意が必要です。

 

ほとんどの日本の家電品は台湾で使うことができますが、一部使えないものがありますので、
以下の点を確認してみましょう。

 

たいていの場合、電源コード(プラグ)や製品本体には使用できる電圧、周波数が書いてあります。
例えば、入力:AC100-240V 50/60Hz などです。
この場合は、交流100〜240Vの電圧、50または60Hzで使用可能という表記ですので、
110V、60Hzの台湾で使用可能ということになります。

 


注意したいのは、携帯電話の充電器などで ときどき見かけますが、「100V専用品」の場合です。
例えば、入力:AC100V 50/60Hz などと書いてあります。
この場合は、電圧、周波数を日本用の100V 50/60Hzから台湾用の110V 60Hzに調整する変圧器(トランス)を使えば、OKです。

 

日本と台湾の電圧の違いは10Vしかないので、「60Hzで使用できる家電品なら変圧器を使わなくても大丈夫」という人もいますが、パソコンや携帯電話、デジカメなどの精密機器には、変圧器を使ったほうが安心です。


また、台湾のホテルでも、まれにCタイプ、Oタイプの場合がありますので、
海外旅行にこれからも行く予定があれば、240Vまでに対応できて、
上で紹介した変圧器よりもいろいろなプラグ形状に対応できるこちらのような変圧器
用意しておくのもよいでしょう。
(レビュー記載で、いろいろなプラグ形状に対応できるプラグセットがもらえるキャンペーン中です。)

 

なお、50Hz専用品の場合は機器の故障の原因になりますので、使用しないようにしましょう。


電圧とコンセント・プラグ形状関連記事

デジカメ・携帯電話の充電
台湾旅行に行って、ホテルでデジカメや携帯電話のバッテリーを充電するにはどうすればよいでしょうか。ノートパソコンの充電も日本と同じようにできるでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ