国際線の搭乗手続き

台湾旅行の空港での手続き方法

日本から台湾へ飛行機で行く場合の手続き手順



日本から台湾へ飛行機で行く場合、空港での手続き・飛行機に乗るまでの順番は、

  1. チェックイン(搭乗手続き)
  2. セキュリティチェック(手荷物検査)
  3. 税関手続き
  4. 出国審査
  5. 搭乗ゲートへ移動
  6. 飛行機へ搭乗

となります。

 

台湾で飛行機を降りる時は、

  1. 飛行機を降りる
  2. 入国審査
  3. 預けた荷物の受取り
  4. 税関検査

の順番になります。

 

 

台湾へ旅行で行く場合、通常は持ち込み品などはないと思いますが、
6万NT$(ニュー台湾ドル、ニュー台湾元)または1万US$(米ドル)相当額以上の
外貨の持ち込みは申告が必要です。

 

 

持ち込み品がない場合は、税関の申告は不要です。

 

申告不要の場合は、申告なしのカウンター(Nothing Declair)をただ通過すればOKです。

 

申告する必要がある場合は申告ありのカウンター(Declair)で申告書を提出して続きします。
通常、申告なしのカウンターの表示は緑色、申告ありのカウンターは赤色です。


台湾旅行の空港での手続き方法関連記事

空港での出国審査の方法
日本-台湾間の出国審査(出入国審査)はどのように行われるでしょうか。また、聞かれる質問はどのような内容でしょうか。
台湾の空港での入国審査方法
台湾の空港で行われる入国審査で聞かれる質問はどのような内容でしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ